この場合は、3級自動車整備士からの受験となりますが、試験に合格して資格が得られると、満15歳になった時点で今まで出来なかった業務を行えるようになるのです

これらは高校を卒業した人や大学を卒業をした人でも同じです。


自動車のエンジンやトラスミッション、ブレーキなどに関わる整備と言うものは、基本的には有資格者だけが行える業務だと言います。また、これらのパーツを取り外して整備を行ったり改造する場合は分解整備に該当するので国の認証というものが必要になるわけです。この事からも、資格を持たない間は、有資格者の指示の元で業務を行います。これは業務範囲が狭くなりますが、資格を得るための訓練のようなものなのです。そして、最初は3級の資格を取得し、後に2級や1級と言った資格にチャレンジし、自分のスキルを向上させていくのです。自動車整備士の資格と言うのは、このように誰もが直ぐに取れるものではないという事です。因みに、中学や普通の高校を卒業した人が最初にとる資格は3級自動車整備士であり、この資格を取得した後に2級自動車整備士の受験資格を得るためには、3級の試験合格後3年と言う期間が必要であり、更に1級の受験資格を得る場合も3年と言う期間が必要になるのです。

原宿 美容室

うつ病 保険

国分寺 賃貸

熊本 seo

認知症 予防